女の人

女性に多い貧血を改善するには鉄分やビタミンの補給が大切

目に負担をかけないように

目の疲れ

目や体の不調

毎日のデスクワークやスマートフォンでの情報チェック、テレビ視聴など、現代人は毎日目を使います。毎日目を酷使することによって、目が疲れてしまいます。目以外にも、頭痛や吐き気や体の痛みが伴う場合もあります。そのような症状が続く場合、眼精疲労の可能性が高いです。眼精疲労はただの目の疲れではなく、目のストレスが原因で発症する様々な体の不調のことです。眼精疲労は、一時的な目のストレスの積み重なりによって発症する場合もあります。しかし、目の病気が原因で発症する場合もあります。目の病気で一番多いのがドライアイです。ドライアイによって目の表面が乾いてしまい、眼精疲労へと繋がってしまう場合があります。目の病気を抱えている場合、早期に治療することが大切です。

事前に予防する

眼精疲労は事前に予防することができます。目を酷使する場合、長時間一定の体勢で同じ場面を見続けることが多いです。すると目が緊張状態になってしまいます。そのため、目の筋肉をほぐしてあげることが大切です。目の周りの筋肉を優しくマッサージしてあげたり、体全体が凝り固まっている場合、ストレッチをする必要があります。また、適度な休憩をとるようにすることも大切です。また、目に良い成分が入ったビタミンを補給することも予防には効果的です。目の病気の予防に効果があるビタミンBや、目に良いアントシアニンが入っているブルーベリーを摂取することが良いです。直接食事だけでは補えない栄養素は、サプリメントで補うことが良いです。